スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • [-]
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

わほっ。

景虎様の写真集が発売されるんすね(´ω`)。
かっこよすぎて笑ってしまう

Gackt 龍の化身
Gackt 龍の化身
撮影 野村誠一

100000000000000じゃ。

【裏切りの城】
前回までの景虎さまとはガラリと変わった気がする。
前回までの景虎さまのお話し相手はずーっと自身の心だったのに対し、
今回の景虎さまのお話し相手は武田方の勘助。このドラマの主人公。

強敵(今の時点ではまだ敵ではないですが)と相対する事で、
兄上が言っていた「お前の内に眠る荒々しい武勇」が吹き出してきたみたい。
それでこそカリスマ〜、悩める憂いの若君もまた良かったっすが、
やっぱりカリスマは凛として目には狂気を宿していないと!(電ナントカとも言う)
うんうん、何かすっきりした。これが越後の龍だ!超かっけーー!!

何でしょうね、艶やかで凄みがある。
ほんっとにGacktさん、ありがとうございます。
再来年の「天地人」は直江兼続が主演ですけども、謙信役の役者さんはやり辛いよなあ。

一目で道安を勘助と見抜いた景虎さまの器量、勘助にはどう映ったでしょか。
ラスボスですよ、ラスボス。美しいラスボス。勘助にとっては最後にして最大の敵。
最終回、川中島の戦いの結末を予見させる初対面のシーンでした。

天下への道。

いいなあこの浮き具合。
景虎が沈んでどうする、浮いてナンボの戦国武将じゃ。
今回は晴信に勘助がいるように、景虎にもまた宇佐美がいる。
お楽しみは最後の最後まで取っておくパターンで、いよいよっすね。

氏康の「長尾景虎って何考えてんの?考えが分からんしとりあえず放置しとくか」
的な景虎に対する困惑具合は、後々のしつこい景虎の北条攻めを彷彿とさせるし、
大熊さんは登場して早々すぐにあやしげなフラグを立てまくるし、
直江さんは今までの「忠臣」イメージとはうって変わって野心を感じるし、
越後勢のドラマもひとつひとつが丁寧で先が楽しみでたまりません。

地図に揚北衆の名も書かれてあったけども、そちら方面の武将は出ないのかなー。
そちら方面の武将も出たらきっともっともっと強くなるよ(´∀`)

公式の長尾家の特集もかっこええ。

pagetop▲